どこよりも誰よりも正しく優しいアフィリエイトをモットーにアフィリエイトについて解説をしています。

アフィリエイト初心者が頑張れば頑張るほど陥りやすい心理的な罠

目標をもって行動を起こしているのに一切のアフィリエイト報酬が発生してこないアフィリエイターの方は数多くいます。

現に実際にアフィリエイト報酬だけで生活ができる人は全体の5%もいないといわれています。

原因は様々で、

  • 扱っている商品が悪い
  • 記事の質が悪い
  • アクセス数が悪い
  • キーワードが悪い

等があげられます。

ですが、まじめに取り組んでいる人ほどこれらの原因を探ることもなく必死に作業を行い続けることが多いです。

そして日々の記事更新の重圧に耐えきれずにリタイアしていくアフィリエイターを私も数多く見てきました。

まじめにやっているのに成果が上がらない人の心理上状態

目標を達成するためには多くの作業量をこなさなくてはなりません。

アフィリエイトを始めたばかりの人は目標もあり、実際に多くの作業量を日々こなしていくのですが、その中にその作業自体が目標となってしまい、本来の目的を忘れてしまう事があるのです。

ブログ更新であれば、ブログを更新すること自体が目的となり、肝心の商品をどうやって紹介するのか、アクセス数をどうやって稼ぐのかといった観点がぽろっと抜けてしまいます。

そうなってしまうと、数だけ増えていきますが、中身がペラペラの誰の役にも立たない記事だらけのゴミブログとなってしまいます。

目的を見据えて作業を行うべき

こうならないためにも今何のために作業を行っているのかをしっかり見極めながら作業を行う必要があります。

  1. 最終的なゴールはどこなのか(夢)
  2. ゴールに達成するために何が必要なのか(道具)
  3. その必要なものはどうやったら手に入るのか(方法)

主に考えておくべきことはこの3点です。

1.最終的なゴール
アフィリエイトで生活ができる金額を稼ぐ

2.ゴールに達成するために必要なもの
来てくれた人が喜んで読んでくれる記事がたくさんあるサイト

3.必要なものはどうやったら手に入るのか
勉強をして役に立つと思ったことを記事にしていく

例えばこんな具合です。

成果が上がらない人ほど3がおろそかになっている

成果が上がらない人の大きな特徴は3の「どうやったら?」の部分がただ作業をするだけに留めてしまう人が非常に多いことです。

「夢(目的)」をしっかり考えても、そのための「道具」が分かっていても「方法」の部分で考えるべき本質に気が付かずにひたすら作業だけを何時間も続けてしまうんです。

「どうして?」「どうやったら?」を考えながら作業をする

同じように見えるものでも結果に差異が出ている場合、しっかりとした理由が存在します。

同じ100記事あるブログで成果に差があるのであれば、書いてある記事の内容に差が生まれてきてしまっていると考えるべきです。

大した情報のない記事がたくさんあるブログと、読めば読むほど新しい知識が入ってくる役に立つ情報が満載の100記事あるブログとでは雲泥の差が出ることは明白ですよね。

ですが、始めたばかりの人ほど、そこに気が付かずに記事数やコメントの数、ブログのランキングなどわかりやすい情報のみに惑わされてしまいます。

今書いている記事は一体誰に向けて書いている記事なのか?その記事は本当に困った人の役に立っているのか?(もしくは面白いと思ってもらえるものなのか?)

作業をすることを目的とした作業となってしまっていると感じることがもしもあるようであれば、一度立ち止まって今頑張っている内容は本当に最終的なゴールのために役に立つものになっているのか、考えてみてください。

今あなたが成果が出ていないのは単に作業量が足りないだけが原因ではないかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

製作者プロフィール

プロフィール■りょうすけ
アニメとスキーをこよなく愛する副業アフィリエイター兼システムエンジニアのりょうすけです。いろんな情報が飛び交うアフィリエイト業界で出来る限り役に立ち、かつ私の失敗を踏まえたまともな情報を発信するよう日々努力しています。

人気ブログランキング